肉食系獣医師~動物病院の生態調査報告~

動物を飼っている人、獣医さんを志す人の素朴な疑問を解決するのに役立てればと思います。

獣医さんって命救う気ある?

いつも自分の家族を診てくれてる優しい獣医さん。

テレビで熱く語ってる獣医さん。

熱心そうにみえて実は目の前の動物、こころの底ではどうでもいいとか思ってません?

 

こんな疑問がふとよぎったあなたはなかなか人間不振に陥ってますね

私も思います。人のお医者様は救う気あるのか、学校の先生方は生徒に愛情があるのか。分からないですよね。

 

私の記憶では若かりしころに愛情持って教育してくださった教師は一人もいなかったんじゃないかなと思います。家庭訪問でも毎年『やりにくい生徒』と言われておりましたし、高校ではクラス全体が『やりにくいクラス』と担任の先生から年度末にありがたいお言葉をいただきました。

 

やはり、人それぞれという言葉が正解なんじゃないかな!

 

特に若い獣医さんはそれこそ真剣さや熱意が古株の獣医さんの持っているものとは違います。

沢山経験した人はそれだけ死を見届ける機会も多いのである程度馴れてしまうというのは、いけないと思いますが、抗えないと苦しんでいる姿を見たことがあります。

 

でも、動物のことをどうでもいいと思うのは一握りのごく少数で、大多数の人たちは熱意があります。

ブラックジャックによろしく!で出てくるベテラン医師のようになんだかやる気がないなんて人はいるにはいるけど少ないんで安心してください。

 

運悪くもそんな人に診てもらってるかもしれない!と思ったら、こんな風に見分けましょう。

 

年だからって言って緩和治療をする事は通常あると思いますが、年だからって検査もしない獣医さんですか?

体調が悪いと言ってるのに、何かしらの理由をつけてレントゲンや血液検査、エコー検査をしようとしない。

最終的に決めるのは飼い主さんなんです。私たちは検査の必要性とメリットデメリットを説明する義務があるんです。それでも検査を望まなければ、無理強いはしないけど、そうした説明もなく勝手に自分の判断で緩和治療をすすめる獣医、あきらかにめんどくさがってます。

 

 

全ての獣医学生、ペットを愛してる方から素朴な疑問、受け付けてます。掘り下げて欲しい話題、病気など!

あと、一応ランキングに参加してるので気に入っていただけたら下のボタンをクリックお願いします。

 

ssage body

<a href="//www.blogmura.com/ranking.html"><img src="//www.blogmura.com//img/www103_20.gif" width="103" height="20" border="0" alt="ブログランキングにほんブログ村へ" /></a><br /><a href="//www.blogmura.com/ranking.html">にほんブログ村</a>