肉食系獣医師~動物病院の生態調査報告~

動物を飼っている人、獣医さんを志す人の素朴な疑問を解決するのに役立てればと思います。

子宮蓄膿症 診断されたら

 こんにち!

 

実は人生はじめてのブログで、楽しくてしょうがないですね。

 

でも、オメーホントに獣医かよ?と思われるとアレなので、ここらで病気について話したいと思います。

 

病院ブログあるあるです。

 

昔読んだ獣医の漫画に

 

子宮蓄膿症、通称パイオでオペした猫がPTSDになってしまった!

 

なんて話がありました。

 

当時学生だった私はアホみたいに素直に読んでて『へぇ』ぐらいにしか思わなかったんだけども、今はこうです。

 

 

 

f:id:nikushokuke-joshi:20180203223535p:plain

 

その漫画では

①この病気で稼げる

②即日退院も可能

と書いてありますが、そんな事は絶対ないね!

 

まず、簡単に言うと女性ホルモンの作用によって子宮に膿がたまる、人ではあまり無い病気ですので、知らないかもしれないけど

 

 

手遅れになると死ぬこともあります。

手遅れでなければ手術して助かります。

手術無しで完治させるのは極めて難しいです。

 

そんで、予防できます。

避妊手術を受ける。

避妊手術しなかったからパイオになるんです。

 

避妊の相談に来た方に言います。

『避妊手術して後悔する人より避妊手術しないで後悔する人の方が圧倒的に多いですよ』

 

個人の自由ですが、子犬をとる予定が無いなら避妊手術はした方がいいですよ。

 

だって若いうちに避妊手術するのと、年取ってパイオのオペするの。

同じ術式でも費用と体への負担が全然違いますもの。

 

パイオで即日退院はほぼ無理ですよ。

飼い主からの希望じゃなく獣医が提案してるのならかなり無責任じゃないかな

 

 

Message body ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村